【概要】 カミハヤとは

デジタルマーケティングを推進するためのプラットフォームです。

【特徴】
オープンソース x クラウドによるDX推進

オープンソースCMS(コンテンツマネジメントシステム)であるDrupalとMA(マーケティングオートメーション)であるMauticのプラットフォームを提供している米国Acquia社とOEM提携をし、日本語サポートつけて国内で展開

【製品ラインナップ】

「シンプルでコンパクトに素早く立ち上げたい」そんなお客様にピッタリのMAです!

カミハヤMA機能(オールインワンパッケージ)

カミハヤPIMとは

商品情報管理(PIM)ソリューションはよりスピーディな商品の市場投入を実現します。
社内外に散在しサイロ化したシステムから商品データを収集・管理し、データ完全性の検証、
関連アセットとの統合管理を通じて、多様なチャネル、デバイス、
文脈での商品コンテンツ活用を可能にします。

  

収集

【データ統合プロセスの効率化】

商品情報データベース、ERPなどの外部システムと連携して、それらのシステムで管理されている異なる形式の商品データを取り込み、一元的に統合管理することが可能です。また、ExcelやCSVファイルからデータ転送を行うこともできます。

検証

【データ品質と完全性の向上】

データ管理と関係者間のデータ交換のルールを作って自動化し、データ完全性と品質を確認します。商品に注釈つけやランク付けにより、在庫品・プロモーションで適切に管理または除外されているか確認することが可能です。

管理

【商品コンテンツの利活用の強化】

商品情報、関連属性とメタデータを構造化し、データの変更・更新がスムーズに行える環境を整備することで、散在する商品データ管理とローカライズの効率化を向上し、多様で柔軟なコンテンツ利活用を促進します。

配信

【優れた商品体験の創造】

eコマース、モバイル、マーケットプレース、印刷などの各販売チャネルに応じて、一貫性のあるリッチな商品コンテンツを的確に配信し、顧客が求めるチャネルでいち早く提供することが顧客ロイヤルティ、そして購買に繋がります。

【カミハヤMA価格】

詳細をご確認されたい方はこちらまでお問い合わせ下さい。

【カミハヤPIM価格】

詳細をご確認されたい方はこちらまでお問い合わせ下さい。