ブログ

MAをこれから勉強したい人からカミハヤユーザーまで、
役に立つ情報のご紹介です。

  • ホーム
  • ブログ
  • ランディングページ非公開設定で気をつける点について
カミハヤMA
2022.05.10

ランディングページ非公開設定で気をつける点について

本記事では、ランディングページを非公開設定にした場合、見落としがちな気をつけるべき点についてご説明します。

目次
 
 1.はじめに
 2.どのような点に気をつけるべきなのか
 3.どのようにすべきなのか
 4.最後に 

1.はじめに

キャンペーン期間が終わり、ランディングページを公開状態から非公開状態にした際についつい見落としがちな点があります。
キャンペーンのランディングページをお気に入りに登録していたコンタクトからは、閉じられた後にランディングページへ訪問するとブラウザ上ではどのように表示されるのでしょうか。

2.どのような点に気をつけるべきなのか

実は、閉じられたランディングページへアクセスすると次のような画面がブラウザ上に表示されます。


アクセスしたコンタクト側からするとシステム障害でも発生しているのではと思ったり、そのような状況を放置している企業へのロイヤルティを低下させる恐れが発生します。

3.どのようにすべきなのか

カミハヤMAでは、404ページを簡単に設定できる機能があるので、次の手順で設定することによりこのような問題を回避することが可能となります。

①ランディングページビルダーの機能を利用して、キャンペーン終了ページもしくはソーリーページを作成する

②システム設定の画面から[設定]→[一般設定]→[404 page]のプルダウンから①で作成したランディングページを選択する

③終了したキャンペーンページのURLを変更して、対象ページが見つからない状況にする

④設定を終えた後、対象のキャンページページのURLへアクセスすると②で設定したランディングページが表示されることを確認する

4.最後に

利用者によっては、いつか申し込もうと気になったキャンペーンのランディングページをお気に入りに登録されていた場合、キャンペーン終了後にアクセスされたとしても今回のような対応をしておくことで、次回こそは忘れずに応募しようと気持ちを新たにされるかもしれません。

カミハヤの製品ラインナップ

複数製品を組み合わせてのご利用も可能です。詳細はお気軽にお問い合わせください。

カミハヤCMS

カミハヤCMS

オープンソースCMS Drupalとローコードソリューション“サイトスタジオ”の活用により、工数を抑えて、素早くサイトを立ち上げることができます。

もっと見る
カミハヤMA

カミハヤMA

直感的で使いやすい管理画面、ノーコード。技術者無しでも素早くキャンペーンを始められる、BtoB向けマーケティングオートメーションツールです。

もっと見る
カミハヤSEO

カミハヤSEO

オープンソースCMS Drupalとローコードソリューション“サイトスタジオ”の活用により、工数を抑えて、素早くサイトを立ち上げることができます。

もっと見る
カミハヤMAトライアルキャンペーン実施中! MAトライアルのお申込み
資料ダウンロード
資料ダウンロード
お問い合わせ
お問い合わせ
よくあるご質問
よくあるご質問