ブログ

MAをこれから勉強したい人からカミハヤユーザーまで、
役に立つ情報のご紹介です。

カミハヤMA
2022.07.28

ランディングページのリダイレクト設定方法

本記事では、ランディングページのリダイレクト設定方法について説明します。

 

目次
 
 1.はじめに
 2.カミハヤMAのLPを非公開後、特定ページへリダイレクトさせたい場合
 3.サンキューページへ到達したコンタクトに対して特定ページへリダイレクトさせたい場合
 4.最後に 

1.はじめに

公開していたLPを非公開にした際、再訪問されたブラウザにエラーメッセージ表示ではなく、訪問したコンタクトへ新しく公開しているページへリダイレクトをかけたい場合やフォーム送信後、サンキューページへ到達したコンタクトに対して、自社サイトに自動的に遷移するリダイレクト設定の2つの方法について説明します。

2.カミハヤMAのLPを非公開後、特定ページへリダイレクトさせたい場合

この例は、LPを非公開設定する際の設定方法の説明です。
設定方法は、とても簡単です。

①LPを非公開設定する際、リダイレクトタイプの設定を行います。

②リダイレクトタイプの選択肢の中から「301 Permanent」を選択し、URLリダイレクトのフィールドにリダイレクト先のURLを設定して完了です。

3.サンキューページへ到達したコンタクトに対して特定ページへリダイレクトさせたい場合

この例は、LPを公開設定のまままリダイレクト設定を加える説明です。
カミハヤMAで作成した公開中のLPを非公開にせず、ページへ訪れると5秒後にリダイレクトをかけたい場合は、次のように設定します。

①リダイレクト元のLPをLP編集画面からコードモードに変更します。
(一度コードモードに変更すると変更前のテーマに戻すことはできませんので、ご注意ください)

②コードモードに変更後、headタグ内に次の一文を加えます。
<meta http-equiv=“refresh” content=“5;URL=遷移先URL”>
遷移先URLには、リダイレクト先のURLを設定します。contentの値ですが、今回の例では5秒なので5と設定しています。
以上で設定は完了です。


3.最後に

いかがでしたでしょうか。
非公開時のリダイレクト、公開時のリダイレクト方法についてご理解いただけたと思います。
リダイレクト方法には、サーバー側でリダイレクトさせる方法もございますが、カミハヤMAではサーバー側でリダイレクト設定することが許可されていません。ですのでクライアント側で②の方法を実施していただくことになります。

カミハヤの製品ラインナップ

複数製品を組み合わせてのご利用も可能です。詳細はお気軽にお問い合わせください。

カミハヤCMS

カミハヤCMS

オープンソースCMS Drupalとローコードソリューション“サイトスタジオ”の活用により、工数を抑えて、素早くサイトを立ち上げることができます。

もっと見る
カミハヤMA

カミハヤMA

直感的で使いやすい管理画面、ノーコード。技術者無しでも素早くキャンペーンを始められる、BtoB向けマーケティングオートメーションツールです。

もっと見る
カミハヤSEO

カミハヤSEO

オープンソースCMS Drupalとローコードソリューション“サイトスタジオ”の活用により、工数を抑えて、素早くサイトを立ち上げることができます。

もっと見る
カミハヤMAトライアルキャンペーン実施中! MAトライアルのお申込み
資料ダウンロード
資料ダウンロード
お問い合わせ
お問い合わせ
よくあるご質問
よくあるご質問