ブログ

MAをこれから勉強したい人からカミハヤユーザーまで、
役に立つ情報のご紹介です。

  • ホーム
  • ブログ
  • 特定期間中に特定の値に変更となったコンタクト抽出方法
カミハヤMA
2022.08.03

特定期間中に特定の値に変更となったコンタクト抽出方法

本記事では、特定期間にカスタムフィールドの選択項目の値が「A」(今回の例では、選択肢の値がA)となったコンタクトを抽出する方法について説明します。

 

目次
 
 1.はじめに
 2.対象コンタクト抽出方法
 3.最後に 

1.はじめに

コンタクトのデータ項目に選択肢項目(仮にAとBとします)の値が指定期間中にAと入力されたコンタクトのみを抽出したレポートを出力するにはどのようにすればよいのでしょうか。

2.対象コンタクト抽出方法

今回の例では、セグメントとレポートを組み合わせることで実現する方法を説明します。

①セグメントのフィルタ条件を設定して対象のコンタクトをセグメント抽出します(今回の設定は、対象の選択肢項目の値がAと等しい)。

【(例)セグメント設定画面】

②レポート作成画面でデータソースを「セグメントメンバーシップ」を選択しまます。
③レポート作成画面でレポートに表示させたいカラムを選択します(選択する際に「認証された日」をカラムとして選択に加えてください)。
④フィルターのカラム「セグメント」/条件「一致」/値「①で作成したセグメント名」として設定します。
⑤フィルターのカラム「認証された日」/条件「よりも大きい」/値「抽出開始年月日時分秒」をAND条件で設定します。
⑥フィルターのカラム「認証された日」/条件「未満」/値「抽出終了年月日時分秒」をAND条件で設定します。

【(例)レポート設定画面】
 

⑦以上でレポートの設定は終了となります。最後にレポートを保存します。

3.最後に

いかがでしたでしょうか。
フィルターのカラム「認証された日」というのがセグメント条件として認証された日を意味します。それにより今回目的とするレポートを出力することができました。セグメントをうまく組み合わせることで、特定期間中に特定の値に変更となったコンタクト一覧のレポートも出力することがご理解いただけたと思います。是非、日々のマーケティング活動にお役立ていただければと思います。

カミハヤの製品ラインナップ

複数製品を組み合わせてのご利用も可能です。詳細はお気軽にお問い合わせください。

カミハヤCMS

カミハヤCMS

オープンソースCMS Drupalとローコードソリューション“サイトスタジオ”の活用により、工数を抑えて、素早くサイトを立ち上げることができます。

もっと見る
カミハヤMA

カミハヤMA

直感的で使いやすい管理画面、ノーコード。技術者無しでも素早くキャンペーンを始められる、BtoB向けマーケティングオートメーションツールです。

もっと見る
カミハヤSEO

カミハヤSEO

オープンソースCMS Drupalとローコードソリューション“サイトスタジオ”の活用により、工数を抑えて、素早くサイトを立ち上げることができます。

もっと見る
カミハヤMAトライアルキャンペーン実施中! MAトライアルのお申込み
資料ダウンロード
資料ダウンロード
お問い合わせ
お問い合わせ
よくあるご質問
よくあるご質問