ブログ

MAをこれから勉強したい人からカミハヤユーザーまで、
役に立つ情報のご紹介です。

カミハヤMA
2022.08.04

PDF参照イベントをカミハヤMAで取得する方法

本記事では、コンタクトがPDFを参照したイベントをカミハヤMAのイベント履歴として取得する方法について説明します。

 

目次
 
 1.はじめに
 2.PDF参照イベントをカミハヤMAで取得する方法
 3.最後に 

1.はじめに

Webサイト上にアップロードしているPDFファイルをコンタクトがブラウザ上で内容確認した際にコンタクトイベント履歴を取得する方法について説明します。
カミハヤMAでは、PDFファイルをブラウザのPDFビューアーで参照した場合、参照履歴として取得することができません。でもあきらめないでください。
今回ご紹介するPDF.jsを利用することでイベント履歴を取得することができるようになります。
では、その方法についてご紹介します。


2.PDF参照イベントをカミハヤMAで取得する方法

https://mozilla.github.io/pdf.js/getting_started/#downloadページにあるStableボタンをクリックしてファイルをダウンロードします。

②zipファイルを解凍してPDFを設置するサーバー上にアップロードします(例:今回の例では、サーバーのドキュメントルートにpdfjs-2.14.305-distのフォルダをアップロードします)。

③https://ホスト名/pdfjs-2.14.305-dist/web/viewer.htmlへアクセスしてpdfjsのwebフォルダにある compressed.tracemonkey-pldi-09.pdfがブラウザに表示されることを確認します。

④pdfjsのwebフォルダへトラッキング取得したいpdfファイルをアップロードします。(今回の例では、ファイル名をpdftest.pdfとします)

【(例)アップロード後の構成】
 

 

⑤https://ホスト名/pdfjs-2.14.305-dist/web/viewer.htmlのviewer.htmlファイルの</body>タグの直前にカミハヤMAのトラッキングタグを設置します。

【viewer.htmlの修正】
 

 

⑥viewer.htmlをhttps://ホスト名/pdfjs-2.14.305-dist/web/viewer.htmlに上書きします。

⑦https://ホスト名/pdfjs-2.14.305-dist/web/viewer.html?file=pdftest.pdfへアクセスして、ブラウザに表示されることを確認します。

⑧カミハヤMAのコンタクト詳細画面からpdftest.pdfへのページヒット情報がイベント名にページヒットしたイベントタイムタンプとともにデータ取得できていることを確認します。

【イベント確認画面】
 

 

3.最後に

いかがでしたでしょうか。以上の方法でコンタクトがPDFファイルを参照したイベントをカミハヤMAのイベント履歴に取得できることをご理解いただけたのではないでしょうか。
是非、日々のマーケティング活動にお役立ていただければと思います。

カミハヤの製品ラインナップ

複数製品を組み合わせてのご利用も可能です。詳細はお気軽にお問い合わせください。

カミハヤCMS

カミハヤCMS

オープンソースCMS Drupalとローコードソリューション“サイトスタジオ”の活用により、工数を抑えて、素早くサイトを立ち上げることができます。

もっと見る
カミハヤMA

カミハヤMA

直感的で使いやすい管理画面、ノーコード。技術者無しでも素早くキャンペーンを始められる、BtoB向けマーケティングオートメーションツールです。

もっと見る
カミハヤSEO

カミハヤSEO

オープンソースCMS Drupalとローコードソリューション“サイトスタジオ”の活用により、工数を抑えて、素早くサイトを立ち上げることができます。

もっと見る
カミハヤMAトライアルキャンペーン実施中! MAトライアルのお申込み
資料ダウンロード
資料ダウンロード
お問い合わせ
お問い合わせ
よくあるご質問
よくあるご質問